キャッシングローンで借金200万|催促の電話を無視し続けた男が学んだ事

私は30代の男性で、当時会社員(正社員)をしておりました。

私が借金を踏み倒したのは5年ほど前、銀行のキャッシングローンで200万円です。

返済日になってもお金がなく、1ヶ月返済が遅れると電話で催促の電話が頻繁にかかってきており、それでも無視し続けていました。

返済が滞り、催促の電話がかかってきても無視し続けた結果、即返済するように強い口調で言われました。現在はその方とは連絡を取り合ったことはありません。

借金は遅れれば遅れるほど、どんどん金額が大きくなってきます。

しかし、電話で催促がくることを無視しなければ、相手も丁寧な対応をしてくれます。

逆に電話を無視し続けたりすると、電話の相手も良い気分にはならず、対応も変わってきます。

なので、催促の電話が来ても怖がらず電話に出て対応をしてください。

返済の催促には対応を。最悪ブラックリスト入りになるかも・・・

友人や家族に借りたお金は、とくに厳しく期限や決まりがない場合が多いですが、銀行のキャッシングローンの返済となれば話は変わってきます。

キャッシングの返済は遅れれば遅れるだけ返済額もどんどん膨らんでいったり、催促も厳しくなっていきます。

最悪ブラックリストに載ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

ブラックリストに載ってしまえば、今後どうしてもお金が必要な時に借りれなくなってしまうこともあります。

困るのは自分です。

借りたお金はきっちり期限内に返す習慣をつけましょう。

また催促の連絡にもきちんと対応するようにしていきましょう。