お金の借りっぱなしには要注意!20年以上の友人を裏切らないために

私は50代の男性で、当時会社員をしていたときに、同級生から借りたお金を踏み倒してしまった体験談を紹介します。

事があったのは今から20年ぐらい前のことです。

中学からの友人に、急にお金が必要になったことから20万円を借りました。

20年以上の友達なんですが、それまでに何回も催促がありました。

ですがそのたびに「今度返す!」を繰り返し、今は友人も家族が出来まったく会わなくなった為諦めているという状況です。

最初のうちは思い出すたびにいつ返してくれるかちょくちょく言われたのですが、今はあまり会う事もないので、たまに電話でしゃべったりするくらいです。

しかし話す内容はいたって普通の会話なため、相手がお金を貸したことを忘れているかのように接してくれます。

私自身、やっぱり返そう返そうとずっと頭にあるんでずっと気にはなります。

しかし自分は恵まれていたのでしょうか。

貸す側も半ば返ってくるのをあきらめて貸したのでしょうか。

そういう信頼ができる友人がいたためすんなり貸りてそれを返さずに今でも友情は壊れていないです。

ですから自分の苦労している所も見てくれていたんだと思っています。

ちょっと調子のいい話ですけど自分は借りれるなら友人がいいと思います。

友人の優しさに浸けこんだらダメ!きちんと返さないと後にトラブルも

いくら友人との付き合いが長く、信頼できるからといって、その優しさに甘えて借りっぱなしでいるのはよくありませんよね。

仲のいい友人だからこそ、裏切るような行為はやめておきましょう。

付き合いが長いからこそ、お金は借りやすいです。

しかしお金を貸した側からすると、逆に「お金を返して!」としつこく言いたくはありません。なぜならあなたが大切な友達だから。

こちらが「時も経ったし、もう返さなくていいや!」と思っていても、相手からしたらモヤモヤが残っているかもしれません。

その友人はお金が返されていないことを忘れることはないと思いますし、現在もきっと忘れてはいないと思います。

人によっては一生根に持つかもしれません。

それは今後トラブルに繋がってしまうこともあるかもしれません。

友人の優しさを無駄にしないためにも、今からでも遅くないと思うので、返済していくべきだと私は思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする