借金踏み倒しで家族と絶縁状態に。大事な妹と疎遠にならないために

私は40代の男性で会社員(正社員)をしております。

15年くらい前に成人した実の妹から15万円借りたまま踏み倒した話をします。

なかなか返済することができずにいた私は、妹と電話かメールで連絡を取っていました。

私も妹も世帯を持っていて家庭や仕事が優先で連絡が疎かになったことで、妹は返済の催促を諦めました。

何度も返済を先延ばしにしていたが逃げたわけでもないので、しばらくは普通の関係だったのですが、だんだんと疎遠になっていきました。

借金を返していないという負い目や気まずさから、家族である妹と距離ができてしまったことは悔やまれます。

家族や知人で優しい人が居てお金が借りられたとしても、きちんと返済しないと人間関係にヒビが入って後悔するので、借金問題で悩んでいる人は気を付けた方がいいと思いました。

親族は借りやすいが返済を怠ると関係悪化に。家族だからこそ必ず返済を

家族は身近な存在なためお金は借りやすいですよね。

しかしだからといって返済を先延ばしにしたり怠ったりすれば相手もどんどん不信感を抱き、最終的には疎遠になってしまいます。

最悪縁が切れてしまうことも・・・。

今後も長い付き合いにある家族だからこそ、関係の悪化はなんとしても防ぎましょう。

家庭があるとどうしてもお金がかかってくることも多く、一気に返済は難しいかもしれませんが、少しずつ確実に返していくことで、相手もあなたを信頼していくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする